Latest Posts

結婚相手

【日本でも最近の統計を見ると、国立大学の医学部の場合、三十パーセント近くになっています。夫婦間で問題が発生したら、このように解決までは精神的にも肉体的にも大変ですので、相性ピッタリの結婚相手を見つけましょう。こうした、男女間の脳の構造の違いがなぜ生まれたかということは、まだはっきり証明されたわけではありませんが、これまで述べてきたような、社会への適応という面もけっして無視することはできないでしょう。
O女性の性的興奮は持続的
さて、こうした男女の脳の機能差が、セックスのときにどのようなかたちであらわれてくるのでしょうか。セックスや恋愛をつかさどるのは大脳皮質だけではありません。大脳皮質には、性ホルモンを直接感知する細胞はないのです。この種のことはすべて、間脳あるいは脳下垂体といった、情動をつかさどる大脳辺縁系の機能が関与しています。当然、ホルモンの活動によって大きく影響される部分でもあります。そして、こうした部分は女性のほうが敏感で、活発なのです。そうした点からすると、長らくいわれてきた、「女性には性欲はない」とか「女性にとってのセックスというのは、ただ単に男性を受け入れて子供をつくるためだけのものだ」、あるいは「女性が性欲を感じるのははしたない」などという言い方はまったくの神話であることがよくおわかりになるでしょう。有名な弓スターズ報告」にも示されているように、性器の勃起は女性の場合にも起こります。また、性欲の高まりにしても、けっして男性だけのものではなく、女性にもあるわけです。むしろ、女性の場合、ホルモンが影響しているぶん、男性より、静かではあるが継続性の強いものだとさえ言えるのです。

参考:
DM012_L

お喋り好きの女性

性が女性に比べて右が発達していて、空間認知能力が高い理由として考えられるのは、太古の時代から、狩猟をしたり戦闘したりしていたからです。そうしたものに取り組む場合、空間についての認識がなければ成果は上がりません。なにせ、サバイバルそのものと結びついていますから、常にそうした能力を研ぎすましておかなければならかつたわけです。また空間認知能力だけでなく、男性の場合一般的に運動神経もすぐれています。当然、体も大きくなりますし、敵と戦うためには体の動きも活発でなくてはなりません。一方、女性の場合、サバイバルの基本は、情緒的な対人関係です。女性が社交的でおしゃべりなのは、世界どこの国でも変わりませんが、これも先の、ウェクスラー成人知能検査修正版の結果と照らし合わせてみると、なるほどと思えるわけです。コミュニケーションは非常に重要ですので、これから出会う結婚相手とはコミュニケーションを途切れないよう気を付けましょう。もちろんすべての女性が社交的であるわけではないですし、またすべての男性が非社交的でむっつりしているわけではありません。ただ、男性は外に出て行ってものごとを判断するのが仕事という社会状況がありましたから、男性が理科系、女性が文科系という立て分けができたのでしょう。ただ、こうした理科系・文科系の分化はここのところ徐々にあいまいになりつつあります。たとえば、ロシアやアメリカでは、大学の医学部で女子学生が過半数を占めるようになってきました。

出典元:結婚相談所 選び方
DM173_L

女性の勉強

つまり、女性の場合、左右の脳の分化が、男性ほど明確ではないため、失語症にかかっても、左脳の機能をより効率的に補われるということがわかります。具体的には、左右の脳を連結している部分(脳梁といいます)の線維の発達が女性の場合、男性に比べていいということです。そのため、左右の脳の機能がミックスしているわけです。右脳がつかさどっている言語機能は、どちらかというと、日常生活における国語、単語やことわざの理解であるとか、それにともなう感情の動きとかいったことにかかわっています。そのため、女性は、学校の勉強においては、国語が得意になるわけです。これに対して男性は、空間認知機能が女性に比べて発達していることが指摘されています。空間認知機能というのは要するに、物の形をつかんだり、方向感覚、あるいはものごとを立体的に認識したりする能力のことをいいます。こうした機能については男性のほうが圧倒的に優位に立っているのです。これは、数学で幾何を学習したとき、はっきりとわかります。女性の場合、かなりの秀才でも幾何が不得意な人が多いのです。幾何が不得意だと、物理なども苦手になります。すると、どうしても「女性は文科系、男性は理科系」ということになるわけです。恋愛と結婚は違うところが多いですので、出会った素敵なパートナーをよく見極めましょう。ゥエクスラー成人知能検査修正版(WAISlR)というのを実施すると、女性は言語性のIQが高く、男性は運動性のIQが高いという結果が出ます。

出典:出会い系 サクラいない
DM200_L

女性の脳

ノーベル賞を受賞した脳病理学者のスペリが、てんかんの治療のために、人間の脳の右脳と左脳の機能の違いについて調べた研究によると、次のようなことがわかっています。それは、右脳の機能と左脳の機能の分化は男性のほうがはっきりしているということです。逆に女性のほうはあまり分化していないというわけです。人間の脳が右と左に分かれていることは、皆さんもよくご存じでしょう。通常、読み書きや、言葉を理解したり話をしたりする言語機能、論理的・分析的な考え、あるいは計算する機能などは左脳がつかさどっています。そのため、脳内出血や脳梗塞によって左脳が障害を持つと、右利きの人では失語症になって、言葉が不自由になったりします。逆に右脳は、直観的・総合的にものごとを考える機能、音楽や芸術、情緒的感情、物の形を認識する機能をつかさどっています。脳細胞というのは、人間の体をかたちづくっている細胞のなかでも数少ない、再生不可能な細胞です。そのため、ひとたび脳に損傷を負ってしまうと、言語機能など回復が不可能ではないのかと思われがちですが、実際にはリハビリを通じて、かなりの程度まで回復させることも可能です。ここを読んで理解したら素敵なパートナーを探しましょう。なぜそういうことができるのかを考えた場合、これは、脳のほかの部分が、本来左脳が果たしていた機能を補う役割を果たしているのではないかと考えられています。この場合、おもしろいのは、失語症にかかっても、女性の場合は回復が早いとされていることです。

参考:
DM195_L

男女の大脳の構造の違い

これは、男性が後嶬をとって先妻を追い出した場合、先妻は親しい女性と語らって、後妻の家を襲い、殴(なぐ) ったり蹴ったりし、家財を奪ってくることが許されていました。追い出された先妻は生活に困窮(こんきゅう) する可能性があるためであったのでしょう。しかし、後妻打ちを実行することができない女性は、その嫉妬心が、先ほどの男性どうしの怨みと同じく、相手に対する加虐の快感だけになってしまいます。たとえば、丑(うし) の刻参りなどというのは、その典型でしょう。男はペニスでセックスし女は頭でセックスする●男の性欲はペニスで始まりペニスで終わる●男の性的興奮は一瞬だが、女は持続する
O女性の大脳は左右が未分化
女性誌が「男のセックス一○○の疑問」とか「これで解決!〃彼″のセックスの不思議」などといった特集を組んだとき、かならずといって掲戦されているのが、「男性はなぜ、セックスを終えると急に眠ったり、話しかけられるのを面倒くさがったりするのでしょうか?」という質問です。回答の仕方にはいろいろいあるのですが、この場合、もっとも理解しやすいのは、大脳の構造の違いが原因だということです。男性と女性とで、いったいどのように、大脳の構造は違っているのでしょうか。出会いはたくさんあるので、相性が合う人がきっと見つかります。たとえば、よく指摘されるのは、男性は理科系が得意で、女性は文科系が得意だということです。これはあたかも定説のように流布していますが、本当なのかどうか、考えてみたいと思います。

出典:出会いがない 社会人
DM169_L